サロンのご紹介

はっぴーちょいす!!では、あなた自身をつくる、「心」と「身体」と「魂」との三位一体の視点から、身体はトリートメント、心(思考・感情)はリーディング、そして身体をとりまくオーラ(エネルギー)を、オーラを作る場所チャクラをヒーリングしてみていきます。
それはあなた自身を取り巻く「魂」を癒すことに事につながるから。

人という生命体は、「心」、「身体」、「魂」の3つのあなたという存在がうまく融合して、健康を保っています。
あなた自身を全体的にホリスティックな視点でみていくことをモットーに、魂のセラピーにつながるヒーリング、トリートメント、内なるあなたの心の声をきくリーディングなどの色々なツール使い、あなたの魂に光を当てていくサロンです。

人生は常に選択の連続です。
あなたは、「自分にとって優しい心地よい選択を選んでいますか?
頑張っているのに何故かなぜか上手く行かないときありませんか?
「上手く行かない」「心地よくない」それはあなたの望んでいない道に来ているサイン。

「自分がどういたいのか」「どうしたらいいのか」よくわからなくなったとき、このはっぴーちょいす!!に来てみてください。

どんなことも自分に必要なこととして、必然だとポジティブに、ありのままを受け入れていくと、流れに乗れて、パッピーな人生がおくれます。
逆に、過去の経験からくる不安や未来に対する怖れから、起きる物事に抵抗し、心配し、ありのままの状態を受け入れないでいると、勝手に自分でネガティブなストーリーを頭で描きはじめます。

それが行き過ぎると、実際に人生は暗くなり、「やっぱりそうなんだ…」「どうせ私は…」と自ら傷いていき、しまいには、そのストレスによってネガティブなエネルギーの蓄積によって、あなた自身があなた自身のオーラを、そして肉体をネガティブなエネルギーのドリルで自らを傷つけていくのです。それが病気の始まりです。

はっぴーちょいす!!では、そんなあなたの上手くいかない事柄から、何が原因かを色々な視点から探り、「あなたが本来どの道を望んでいるか」をあなたにあった素晴らしいツールたちを使って、あなたの魂に光を当て、あなたの本来の幸せの道へと導いていきます!

はっぴーちょいす!!のできた経緯

はっぴーちょいす!!主宰のまりなです。
現在は一人娘を子育て中、千葉県君津市の自宅にてサロンを土日に展開しています。

まりなのサロンでは身体と心(思考・感情)・オーラ(エネルギー)そしてオーラエネルギーをつくるチャクラを全体的にホリスティックにみていくことをモットーにしています。

それはなぜか…

それは私の母親の病気と15年以上にわたるその看護、それと長い自分との葛藤の果てにたどり着いた結論からきています。
それは人の感覚は、肉体の痛みのみを感じて生きているわけではないことを、母親の看護をしている中で実感したから。

私の母親は、私が10歳の頃に2つの車に衝突されるという大きな交通事故にあって以来、身体が不自由で、そんな中母親は背中が痛い痛いと言う日々がつづきました。
病院に行くが、検査しても何も映らなく、悪くない。なのになぜ、背中が痛いというのか…。

その痛みの原因を知るため、あちこちの病院にいくがわからず、しまいには病気を探しに来ているといわれる始末。
なにも原因がわからず、背中全体に湿布をはって痛みを紛らわす日々がつづきました。

それはなぜか、私は2005年のオーラソーマとの出会いで本当のことがわかることとなりました。
オーラソーマでは、病気(disease)は心からリラックスできない状態(dis-ease)であるといいます。

人生に生きがいや意味をみいだせなくなってしまったり、自分に自信を失ってしまったりしたときも、心が安らげなくなり病気(dis-ease)の状態となる。
そしてその結果ストレスやフラストレーションがたまり、精神的に肉体的に病気に陥ると。

これは衝撃的でした。だからか…

母親は当時、不自由な身体に子供のためにとリハビリに励み、その後は生活のために働きづめで、リラックスとは無縁だったのです。
そんなストレス状態に、心、感情、精神的疲労から、オーラエネルギー(魂)が傷つき、敏感なたちゆえに、母親は肉体にまだ現れていない痛みを感じ取っていたのでした。

それが身体を覆う「エーテル体」というオーラの痛みであり、またそれは、オーラを作り出しているチャクラの歪みでもあると、その後のチャクラ診断でわかったのです。
母親の背中の痛みのある場所はハートチャクラ、第3チャクラ、第2チャクラがあったところ。
チャクラは停まり、気の流れの停滞していたために痛みとなってあらわれていたのです。

私も思い起こせば、母親からの遺伝体質からか、身体の痛みをよく感じていました。
高校生の時は、仙骨あたりがとても痛くて、起き上がることも大変であったことがあります。
ここは第2チャクラのところ。

また、背中の左肩甲骨あたりが痛むことが多い。
そこは脾臓がある場所で、チャクラでいえば第3チャクラ。
私もオーラソーマを知るまでは、激しい痛みから、病院にかかり、検査してもらうも、なんでもないことが多かったです。

エーテル体は、子供のころから過去世からのものを含めた、すべての事故やショック、トラウマ(精神的外傷)といった経験が蓄積されている所。
オーラソーマでは、エーテル体はこれらのショックと関連しているといいます。

私は、オーラソーマとの出会いによって、身体に塗れるその綺麗なカラーボトルを痛みのあるところにぬっていきました。
塗った瞬間から身体がゆるむのがわかりました。
母親も良く「塗ってくれと、身体が楽になる」といってやってきていました。

その後オーラソーマで、チャクラバランストリートメントを習い、チャクラが内分泌系に関連しておりホルモンの免疫機能を司ることも知ります。
結局肉体を、肉体を包むエネルギーの身体=エーテル体そのまた周りのオーラの視点から、オーラを作るチャクラの視点から見ていく事のほうが、はるかに健康を保つことにつながるとわかったのです。

こういった経緯を経て、私は人を肉体レベルだけでみるのではなく、心の状態、思考や感情、精神レベル、チャクラやオーラのエネルギー(魂)といったところの全体的な視点で人を見るというホリスティックな形で、人を癒していきたいと思うようになったのです。
※高次の自己→魂→低次の自己→エーテル体→肉体

(新しい「健康」の発見 チャクラ癒しへの道 クリスティン・ペイジ サンマーク出版参照)