チャクラカラーとオーラ

チャクラとは、オーラを作り出すエネルギーセンター。サンスクリット語で「車輪」。
チャクラのバランスがどんな状態であるかによって、人間の肉体、感情体、霊的(魂)レベルのバランスと健康状態が決定付けられています。

チャクラは、主要で7つ7色に対応。
背柱にそって存在するこぶし大の正円形で、光の渦(生命エネルギー)。その渦を回転させながら、肉体や生活に必要な情報やエネルギーを出したり、取り入れたりして、肉体を維持しています。
オーラは卵型の7つの体の集合体で魂そのものです。
チャクラはストレスや心配、疲労等により機能しなくなり、エネルギーを失ってしまいます。

このチャクラがつぶれていたり、曲がっていたり、動いていないとオーラも薄くなり、バランスを崩すことになります。バランスを崩すと、下記のようになります。

7つのチャクラの説明

第1チャクラ(ベースチャクラ)

生存のための情報とエネルギーを取り入れる所。全ての基盤で居場所。行動力、安全や安定を司る。グランディング
ここがバランスを崩すと、疲れやすい、物事が長続きしない、仕事やお金、家族の問題を抱えがち。

霊的な学び 物質世界についての学び
身体的位置 尾骨
霊的な側面 人間としての自覚
基本的な要求 安心感、自信
つかさどる感情 怖れ、勇気
内分泌腺 副腎(ホルモン名:コルチゾール、アドレナリン)
関連する器官 腎臓、膀胱、直腸、脊柱、股関節部
オーラ 肉体

第2チャクラ(セックスチャクラ)

パートナーシップ、親しい人間関係を引き寄せる所。
自信や自立、過去の感情の記憶や肉体感覚、人間の原始的感情(お母さんに愛された経験)。人間関係の発達を司る。
ここがバランスを崩すと、自信がない、依存症、感情が溜まる、性的な問題、泌尿器生殖器系、腰痛などに問題を抱えがち。

霊的な学び セクシャリティ、仕事、物欲についての学び
身体的位置 下腹部
霊的な側面 自尊心
基本的な要求 人間関係をつくる力
つかさどる感情 所有欲、分かち合い
内分泌腺 卵巣、精巣(ホルモン名:性ホルモン)
関連する器官 子宮、大腸、前立腺、卵巣、精巣
オレンジ
オーラ エーテル体

第3チャクラ(パワーチャクラ/ソーラプレクサス)

社会との繋がり、自己認知、理解力、自分のパワー、感情のコントロールする所。インナーチャイルド。
ここがバランスを崩すと、自分がどうしたいかわからない、周囲の目を気にする。神経質、不安や恐れを感じやすくなる。
イライラする、不安や心配ストレスなどを抱える。神経系、胃や消化器系の病気の原因のもとになる。

霊的な学び 自我、人格、自己敬愛についての学び
身体的位置 みぞおち、肋骨の下
霊的な側面 自分を評価する
基本的な要求 自分が必要とするものの価値を認める
つかさどる感情 怒り、怨恨、無価値、罪悪感
内分泌腺 膵臓(ホルモン名:インスリン)
関連する器官 肝臓、脾臓、胃、小腸
黄色
オーラ アストラル体

第4チャクラ(ハートチャクラ)

自分や他人を愛し受け入れ、癒し、許す。愛情や感情を感じる所。共感、感受性、境界線をもつ。
ここがバランスを崩すと、信じられない、自己受容が難しい、許せない、やりたくないことをやらされる、余裕がなくなる、嫉妬、反感、拒絶感、ぜんそく、アレルギー、肺や心臓などの問題を抱えがち。

霊的な学び 愛、許し、慈しみについての学び
身体的位置 胸の中心
霊的な側面 自分を愛すること
基本的な要求 無条件に与え、無条件に受けとる
つかさどる感情 喜び、苦痛
内分泌腺 胸腺(ホルモン名:サイモシン)
関連する器官 心臓、前胸部
オーラ メンタル体

第5チャクラ(コミュニケーションチャクラ)

真実を話す、聞く力、責任をもつ。意志力、信頼する、整理整頓が出来る。選択の力、決断力を司る所。
ここがバランスを崩すと、コミュニケーションの問題、問題を人のせいにする、言いたいことがいえない、しゃべりすぎ、内向的、寂しい、片付けられない、顎関節症、甲状腺の問題など抱えがち。

霊的な学び 意志、自己表現についての学び
身体的位置
霊的な側面 自己表現
基本的な要求 変化を受け入れる能力
つかさどる感情 失望、自由
内分泌腺 甲状腺(ホルモン名:サイロキシン)
関連する器官 肺、喉、腸
オーラ ソウル体

第6チャクラ(第三の目)

将来を見通す力、インスピレーション、実現力、深く見る聞く能力。自己評価、集中力、創造力、信念を司る。
ここがバランスを崩すと、ひたすら考えるネガティブな信念、将来が不安、先の見通しが立たない。空想の中に生きる、引きこもり、落ち込み、視覚障害、頭痛などの問題を抱えがち。

霊的な学び 知性、直観、洞察、叡智についての学び
身体的位置
霊的な側面 自己責任
基本的な要求 洞察力、バランス
つかさどる感情 困惑さ、明晰さ
内分泌腺 脳下垂体(ホルモン名:性腺刺激ホルモン)
関連する器官 目、下頭部、副鼻腔
藍色
オーラ スピリチュアル体

第7チャクラ(クラウンチャクラ)

全人格の統合、人生の目的を知る。スピリチュアルな理解、自己の霊性に目覚める、高次元の情報を取り入れる所。人生に対する信頼。
ここがバランスを崩すと、現実を作れない、思考で頭がいっぱいになる。自分の人生の目的がわからない。霊性に目覚められない。脳の障害、鬱、統合失調症などの問題を抱えがち。

霊的な学び 霊性についての学び
身体的位置 頭頂部
霊的な側面 自意識
基本的な要求 受容
つかさどる感情 絶望、平和
内分泌腺 松果体(ホルモン名:メラトニン)
関連する器官
紫色、白
オーラ 神性体

参考文献:新しい「健康」の発見 チャクラ癒しへの道(クリスティン・ペイジ サンマーク出版)
7つのチャクラ 魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために(キャロライン・メイス サンマーク出版)